menu001.jpg
005.jpg
menu003.jpg
menu004.jpg
menu005.jpg
banner_001.jpg
iwaki_shakyo.jpg
npo-fukushinetiwaki.jpg
banner_002.jpg
banner_003.jpg
banner_004.jpg
banner_005.jpg
banner_006.jpg
banner_007.jpg
banner_20121114.jpg
HOME > 健康情報 > 体力づくり > ウォーキング
file.png
ウォーキング

walking_001.jpg 歩くことを主体とした健康法で、始める際のハードルが低く手軽に行えることから、年齢を問わず広がってきています。  ウォーキングの特徴は、体内に酸素を取り入れながら運動する有酸素運動で脂肪燃焼や骨の強化などが期待されます。
 普通の散歩とは異なり距離、時間などに基づき、運動量や消費カロリーを管理することにより、健康増進に役立てられています。
 近年、健康に対する関心が高まり、生活習慣病予防として手軽な運動としてウォーキングは推奨され、 全国の自治体も、ウォーキングコースの設定、ウォーキング大会やウォーキング教室の開催などを積極的に推進・開催しています。
 歩行さえ可能であれば気軽に自分のペースで取り組むことができる一方で、交通事故や、過度なウォーキングにより脚を痛めるなどの危険もありますので注意が必要です。
 

ノルディック・ウォーキング

 2本のポール(ストック)を使ってウォーキングを補助して、運動効果を増強するフィットネスエクササイズの一種です。
 一般的な歩行よりも上半身の筋肉が積極的に使われ、首や肩の血行も促進されます。全身の約90%の筋肉を使用する有酸素運動を、疲れをあまり感じることなく長い時間行えます。1分間に110歩程度の速度で歩けば、普通のウォーキングに比べてエネルギー消費量が平均20%ほど高くなり、心拍数が1分間に120~150ぐらいの強度の運動が可能です。
 また足首、膝、腰などへの負担が最大40%軽減されたという研究結果が報告されており、足腰に故障を抱える人や心臓病など循環器系の病気のリハビリの運動にも適しています。
 ポールを持つことにより歩行姿勢が正され、呼吸も整い、バランス感覚が落ちている高齢者が用いれば、バランスの維持をサポートして、転びにくくウォーキングが楽しめます。

種類・効果

ウォーキングにより、脂肪燃焼・骨の強化・内臓の機能向上・ストレスから来る不調の改善などの効果があります。

リンク
  • 社団法人日本ウオーキング協会【PC
  • バーチャル日本一周歩こうかい【PC

 

 

 

参考サイト:Wikipedia